author のすべての投稿

オフィス移転のときに電話工事を依頼する業者の決め方

事業拡大をするためにオフィスを移転する場合、諸手続きや室内設備工事などが必要になってきます。依頼業者を決めるのに、どのような点にポイントを置いて決めたらいいのか迷いがちです。こちらでオフィス移転のときに電話工事を依頼する業者の決め方を紹介しています。

・複数見積もり依頼をした結果わかったこと

電話工事関係者に知り合いがいなかったので、一括見積もりサービスを利用して業者を選ぶことにしたのです。まず、見積もりを出してもらい気付いた点ですが、見積もり金額の高い業者はよくわからない項目の記載が目立ち値段が高くなっていました。

他には専門用語の羅列や工事費用の内訳が書かれておらず工事費用が一式として扱われているものなど、不信感をあおるような見積もりを出してくる業者。

比較できるところが一括見積もりの良い点ですが、ここまで見積もりの内容が同じ電話工事で違うことに驚きました。

その中から良さそうな業者に連絡をしてみたところ、実際に来てもらい初期診断してもらうだけで費用が発生するところもあり、そういう業者にはお願いはしませんでした。

・城北通信サービスに決めた理由

いろいろ検討した結果、城北通信サービスに電話工事を依頼することを決めました。

その理由はいくつかあるので挙げてみます。

・特定の会社と契約していないので電話機器や回線選びまで最良のプランで契約できる

・初期診断無料で価格に関しては柔軟に対応することが可能

・土日、夜の時間帯も対応してくれ迅速に動いてくれる

・専門知識の高い1人の担当者が責任を持って最初から最後まで対応

・自社工事のため低価格で安心

城北通信サービスは営業マンと作業する人が同じ人だったので、まずそれに驚きました。こちらとしては、同じ人のほうが意図もしっかりと伝わるので良かったのですが。

過去に依頼した業者では、そういう会社がなかったのでいろいろな点で無駄がなくていいと感じました。

毎回、電話に出る人が違うとこちらの話が正確に伝わりにくいため、作業も遅延しがちになります。その点も回避できる点がいいと思います。

・まとめ

電話工事の専門知識がない以上、専門業者に依頼することになります。できれば関連業務は1社の業者に全て一括して依頼したほうがコスト削減にもつながるので、そうしたいところですが、なかなかそういう業者がいないことが今回一括見積もりをしてわかりました。

業者を選ぶポイントとしては、実績が豊富なこと、幅広い専門知識があり自社で工事ができる業者だと工事費用も抑えられるので、孫請けなどを使っていない会社を選ぶこと。

また、有資格者がおり素人にもわかりやすく説明をしてくれ、アフターケアーも付いている点などが業者選びの重要ポイントになってくると思います。もちろん、連絡をしてから作業にかかるまでの時間がかからない、作業を迅速に行ってくれることも大切です。

オフィス移転の電話工事・LAN工事には城北通信サービスを推奨します。

事業拡大するときに失敗しないオフィスの移転方法

事業拡大するにあたり従業員の人数も増えてきたので、オフィスを移転することはよくあることです。事務機器などは重量が重く運搬作業が大変ですし、パソコンに必要な回線などの準備を迅速に行う必要があります。こちらでは、失敗しないための注意点をまとめています。

 

・移転するために必要な手続き

オフィスの移転に伴う手続きは以下の通りです。

 

オフィスの職種により若干異なってきますが、基本的な部分は同じですので参考にしてください。

 

・新オフィスの契約

・旧オフィスの解約

・水道、ガス、電気の停止と開通の手配

・事務機器の手配

・引越し業者の手配

・電話工事

・PCなどOA機器の手配

・LAN工事によるネットワーク回線敷設

 

他にも住所や電話番号が変更になるため、会社の公式サイトや名刺など住所の記載があるものは変更しなくてはいけません。

 

オフィスの移転は、仕事に支障がないように事前の準備が必要になってきます。

パソコンや電話回線などの完備はすぐに使えるように移転前に済ませておく必要があります。水道、ガス、電気なども同様です。

 

オフィスを移転する場合はその規模によりかなり大変さが違ってくるでしょう。

 

例えば、10人程度の会社であれば、運搬する荷物もたいして多くありませんから、引越し作業自体は1日で済んでしまいます。

従業員が数百人レベルの会社であれば、移転する場所もそれなりに広いところになり、完備するのに1か月程度かかる場合もあるのです。

 

・新しいオフィスを決めるポイント

オフィスが手狭になり移転する場合、新しいオフィスを決めるポイントをどこに絞って考えていくかで無駄なコストを抑えることにつながります。

これから紹介する2点は必ず移転を検討するときに必要になってきます

 

・立地

最初は賃料の関係で駅からの利便性がよくない場所にオフィスを構えることもあると思います。やはり、事業拡大で移転をするのであれば、交通アクセスの良い場所を選ぶようになるでしょう。結果的にオフィスは従業員だけでなく、お客様も足を運ぶことを想定して駅から近い物件を選択するのが望ましいのです。

 

・従業員の人数

オフィスに従業員が増えるたびに移転していては、いくらお金があっても足りません。

頻繁に移転しなくてもいいように、自分の会社ではどれだけの従業員数で運営していくのか事業計画を立てておくことが必要です。

それにより、移転する時期と移転先のオフィスの広さを割り出すことが可能になります。

 

・まとめ

ビジネスにおいては、無駄なコストをかけないことがとても大切です。その1つにオフィスの移転があります。よく無計画に従業員の人数に合わせて、頻繁に移転を繰り返している経営者がいますが、非常に無駄なコストを使っていると思います。

オフィスの移転も計画的に行えば失敗もなく無駄も防げるのです。

 

そのためには、事業計画をしっかりと作りビジネスを行っていくことが望ましいと言えるでしょう。