海外特許申請をパッケージ出願する「Patent+(パテントプラス)」

外国特許の申請出願の手法について調べていく内に、驚愕の事実にたどり着きました。

それは、「国際特許申請と海外特許申請とでは、手法スキームが全く異なる」ということです。

前者の国際特許申請は、別名「PCT出願」とも言われ、手法の特徴としては、まず通常の特許申請出願を日本国内で行い、日本国内の特許が受理されたことをうけて、外国での特許に進む、というスキームです。

日本国内での特許申請出願が受理されるまでに、平均2年以上かかります。場合によっては3年以上掛かるケースもあるようです。

その期間を要してから外国での特許申請出願に進みますので、トータルでは5-6年掛かってしまうことが想定されますね。

当然、特許事務所との作業進行も長期間に及ぶので、出願費用コストが嵩んでしまうことが懸念されます。

一方、後者の「海外特許申請」ですが、これは「PCT出願」とは概念が異なり、日本を起点とせず、米国や中国に直接特許申請を行い、同時に日本にも特許申請出願を行うスキーム手法となります。

何よりのメリットは、「PCT出願」とは異なり、ダイレクトに特許申請出願を行うので、所要期間が1/2程度で済む可能性が高い、ということです。つまり2年半程度で、日・米・中3か国の特許を取得できる可能性がある、ということですね。

これは、システム開発やアプリなど、ライフサイクルの短い商品技術でも、積極的にパテント事業展開が可能になる、ということで、嬉しい限りです!

そうであれば、「PCT出願」よりも「海外特許申請」にメリットがあることは明白です。

「PCT出願」を扱う特許事務所より、残念ながら扱っている事務所が少ないようなのですが、ネットで検索していると、良さそうなサービスを発見することが出来ました。

「Patent+(パテントプラス)」というサービスで、「日米中」や「日米中韓」の海外特許申請を扱っている模様です。

「Patent+(パテントプラス)」では、現地代理人費用や、なんと翻訳料も“コミ”のパッケージになっていて、しかも日米中3か国でなんと、150万円で請けてくれる模様なのです!!

これはコストメリット絶大ですね!

区分をいくつも出願しなくてはならないケースが多いので、ワンプライスで150万円であれば、複数の海外特許申請出願を同時に展開するにも、リーズナブルに抑えられます。

海外特許申請のカギを握る「現地代理人」。現地代理人との管理体制がしっかりしているというのは、安心してお任せできるのも強みです。

 

本サービスに参画する各国の代理人は、全員、弁理士職業賠償責任保険に加入。現地特許事務所だけでなく、「Patent+(パテントプラス)」を手掛けるBINGO特許事務所、期限管理専門会社を加えたトリプルチェックという体制も素晴らしいです。

国内での連絡体制でも、秘匿性の高いWebEXなどのオンライン会議で進められるので、若干事務所が離れていても、全く問題がないのもメリットでね。

これから本格的にプランニングを進めていこうと思うので、海外特許申請出願は「Patent+(パテントプラス)」に相談してみようと思います!!