「海外特許申請出願への道」Webサイト開設!

都内でアプリ会社を経営する鈴木です。一応企業秘密的なところもあるので、名前は仮名です(笑)。

システムやアプリの開発を事業として手がけていると、盗用や技術流出のトラブルをよく耳にします。

やはり自社で手塩にかけて開発したシステム技術は、知的財産として法的に守っていくべきと考えています。

国内でも「特許」という制度がありますが、国内だけでなく海外でも法的に知的財産を守る法制度があるのです。それが「海外特許」「国際特許」「外国特許」などと呼ばれる制度です。

いろいろな呼び方がありますが、実は単に呼び方が違うだけでなく、その手法スキームが全く別物ということがリサーチで分かりました。

つまり、海外で特許を申請出願して、受理されるまでの進め方プロセスが全く異なるようなので、特許申請出願が受理されるまでの期間や費用にも差異が出るということです。

特に、アプリやシステムには流行もあるので、ビジネスとしてのライフサイクルは比較的短い事業である、と言わざるを得ません。

開発した技術が国際的な特許であると、いち早く法的に認められることで技術の盗用を回避できますし、同時に海外企業と提携を組むことによって、自社の技術を知的財産としてパテントビジネスを展開することだって可能です。

弊社は日本国内でも非上場の零細企業ではありますが、手前味噌ながら技術力には定評のある新進気鋭のスタートアップを自負しているので!

やはり目標は、シリコンバレーで活躍するような大手の海外企業にパテントとして技術を提供することで、自社の独力では成し得ないような、スケールするビジネス展開を成功させたいと考えています。

「海外特許申請出願への道」では、自分がリサーチした、「海外特許」「国際特許」「外国特許」の手法や、信頼できる特許事務所の情報を発信して、皆様の海外パテント事業進出に役立てて頂けるように、情報発信をしていきます!